SELECT CATEGORY

COLUM2016/08/04

COLUM

つくりのいいもの。それは

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ピンタレスト
あなたにとっての、モノ選びの基準って何ですか?




皆さん、そう聞かれたらどう答えますか。





いろいろと基準はありますが

 
 

       





その時代の《トレンドデザイン》とか《スタンダード》とか様々な軸がまず存在します。そして人それぞれ、一人一人の好みのバランスで、あるものはトレンド重視、あるものはスタンダード重視なもの、といった基準で自分でセレクトし、皆さん楽しんでいるのではないでしょうか。







それはサロンにも言えることで、いろんなテイストがサロンにもある。


その中でトレンド、スタンダードと選んでいる、選ばれているのだと思う。基準があるんだと思う。






さらには機能性が高いとか、使い心地がいいとか、耐久性があるとか、風合いがいいとか、そう言った「つくりがいいもの」という基準があります。これはトレンドとかスタンダードとは別の軸です。トレンドでもスタンダードでもつくりがいいものを使ったり、着たり、することがBETTER LIFEの基本なのかなと。







これをサロンに落とし込んだら難しいですが、、つくりがいいの持って、土台がしっかりしていることかな。サロンの大小に関わらず、軸がしっかりしているとこをに人は集まる。また利用したくなる。



まぁそこを目指してますが。



今の時代、ものがたくさんあることが幸せとか、豊かさとかではない時代ですから「つくりのいいもの」を選び抜き生活することが大切なのかなと思います。

サロンに求める部分が時代によって変わることは当たり前。その変わっていく速度、波、それを感じながら作っていくことが大事。




軸をぶらさない。







大きな軸を基にして。


















 

記事を書いた人

代表/デザイナーRyota Shimahata

しがない美容師ですが、綺麗にすることには自信を持って取り組んでいるのと命を削って皆さんを担当させてもらってます。文才がありませんが、是非。