SELECT CATEGORY

BEAUTY2016/06/10

BEAUTY

そもそもLsuriiのヘアケアがなぜいいのか。こだわりを紹介【名古屋で唯一の髪質改善・ヘアケアの専門サロンLsurii(ルスリー)】

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ピンタレスト
Lsuriiでこだわりを持って取り組みをしているヘアケア。ヘアリノベーション

 
なぜいいのか?というん部分を少しわかりやすく解説を踏まえながら説明していきます。





⒈まず各施術ごとにウェットの状態からスタート
Lsuriiでは、各施術に入る前に必ず100%髪の毛を濡らします。






そして、髪の毛の状態をフラットな状態にしていきます。これをするしないでもかなりの違いが出てくるのは言うまでもありません。普段の生活で髪が均等に痛むなんてことはないので。









ここで髪の状態を見極めて、ダメージをしていてゆるまっているから締めていく工程、硬くなっている髪を緩ませていく工程とプロが触診して状態をさぐっていきます。柔らかく仕上げたいのか、ハリコシをもたせた仕上がりにしたいのか。ここからが重要になってくる部分です。ここの土台作りが大切で、土台がしっかりしたところにしかいいものは立たないでしょう?ベースが悪かったら長持ちするわけがない。


お客様からは見えない部分ですが、僕たちはこんなことをしてベース作りをしています。


さらにカラーなどの施術に関しても、濡れている髪に薬剤を塗布していく中でどうしてもハケでのブラッシングがありますが、そこでの摩擦がドライでカラーをする時より軽減されると思います。お客様もストレスを感じることなくカラーの時間を過ごせると思います。



過去に、そんな嫌な思いなどはありませんでしたか?



ぐいぐい髪を引っ張られて嫌な思いであったり、ブラッシングした髪が痛いとかの思いをしたり。そんなこともLsuriiではなくしていこうという思いもありこういった工程になっております。【時と場合によるのでその都度違う場合もありますのでご了承ください】




ここまでが、薬剤を使う前までに行うケアになります。まずここが違います。





⒉施術後のケアが違う





カラーの施術がおわり、流しますとなった後シャンプー台で行われている工程を公開。ここはみなさんシャンプー台で横になっているのでわからない部分です。音だけは聞こえますけどね。












まずは、髪の毛に塗布した薬剤の浸透、定着を良くするために、さらに発色促進、パーマであれば持続性の向上、さらには薬剤の消臭効果という部分を担います。ここでもお客様がおうちに帰った後、髪から嫌な香りがするなであったり、なかなか取れないななんてことなかったでしょうか?



こういった部分もLsuriiでは解消したくてやっています。工程が多いかもしれませんがやっています。








シャンプーがおわり流した後にはさらに、過酸化水素の除去であったり、残留アルカリの除去であったり、さらには保護オイルを微乳化しているものを塗布し、しなやかにまとまるキューティクルを作り出しています!




最後には、ポリフェノール、キトサン、フルーツ酸、18−MEA,などの補修成分をバランス良く配合したトリートメントでコーティングしていきます。これで髪の毛を引き締め疎水にすることで艶やかで潤いある髪に仕上がります。




⒊ここまでがLsuriiのヘアケアなんです。自信を持ってお勧めできる理由。
これがLsuriiでは通常なんです。



ここからさらにリノベーションになると工程があるのですが。一連の流れはすべてのお客様にやらせていただいております。









いかがでしたでしょうか?




理由をわかっていただけたと思います。
 

御予約はもちろんのこと、髪のお悩みなどLINE@にてご相談も365日24時間受け付けておりますので遠慮なくご連絡ください。お待ちしております(^ ^)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

☆その他何でもお気軽にお問い合わせくださいませ!!
・名古屋の髪質改善・ヘアケアの専門サロンLsurii(ルスリー)052-938-3364

記事を書いた人

デザイナー阿知波 真優 / Mayu Achiwa

皆様に美容・健康を生活の一部としてより身近なものに感じていただけたら、そしてもっともっと楽しんでいただけたら嬉しいです。